日焼け止めが肌にもたらす効果とは

日焼け止めが肌にもたらす効果とは

日焼けを防ぐ

そもそもどうして日焼けするのでしょうか。これは太陽に含まれる紫外線が肌に当たると、メラノサイトが反応してメラニン色素をつくりだすからです。このメラニン色素は紫外線を吸収することができます。これによって肌の内部に紫外線が侵入してしまうのを防ぐことができます。万が一紫外線が侵入するようなことがあれば、肌は大きなダメージを受けてしまうでしょう。そのような被害が発生してしまうのを防ぐために肌は日焼けするようになっています。

肌が日焼けするというのはメラニン色素が沈着してしまい、それが肌の色を濃くするからなのです。したがって、日焼けは紫外線から肌を守るという大切な役割を果たしています。しかし、日焼けしたからといって肌にダメージがないわけではありません。メラニン色素があったとしても、紫外線の影響をある程度は受けてしまうのです。そのため、できるだけ肌に紫外線を当てるべきではありません。

そこで役に立つのが日焼け止めです。日焼け止めの成分には、紫外線を吸収するものと反射するものがあります。この2つの効果によって、紫外線から肌をしっかりと守ることができるのです。肌が傷ついてしまうのを防ぐことができるのです。日焼け止めは紫外線を遮断する効果があります。