日焼け止めが肌にもたらす効果とは

日焼け止めが肌にもたらす効果とは

肌トラブルを避ける

それでは具体的に紫外線が肌に当たることによってどのような影響が出てしまうのでしょうか。紫外線によるダメージによって、さまざまな影響を受けてしまうのです。

紫外線は肌の内側にある弾力繊維や膠原線維、表皮細胞を破壊してしまいます。これによって肌の老化を早めてしまいます。破壊されたとしても皮膚細胞というのは新しく生まれます。しかし、この新しく生まれる細胞というのは紫外線を防御するために硬くて厚くできています。そのため、肌が汚くなってしまうのです。もし、1年中紫外線に当たり続けた場合には、まるで漁師のような肌になってしまうでしょう。深いシワが刻み込まれてしまうのです。それは紫外線から肌を守るためのものなのですが、美容にはとても悪い影響を与えてしまうでしょう。

また、細胞膜に紫外線が当たってしまうと過酸化脂質というものが生まれます。これによって細胞膜が破壊されてしまうのです。これによって、皮膚はもろくなってしまい、うるおいもなくなり、さらに老化が早まってしまうでしょう。

最終的には紫外線によって皮膚がんになってしまうリスクもあります。そのため、しっかりと日焼け止めを使って肌を守ることが大切です。肌のダメージを防ぎましょう。